自分の行動指針を考える

   

ICF(国際コーチング連盟)が定める倫理規定やコアコンピテンシーを読むと

何のためにコーチングをするのか?

大切なことは何なのか?

今一度、襟を正すことができます。

ICFが何のためにつくられている団体かというと…

求めているのは、コーチングの質・卓越性の維持のため

倫理規定で語られるコーチングの定義は

「コーチングとは思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことである」

コーチが行う、この定義で語られるコーチングのクオリティを守るためにあるのです!

つまり、

日々、何のためにコーチングセッションを行い、コーチング講座を行い、コーチング研修をしているかというと…

すべてこのためなのです!

私の行動指針ともなります!

 - ブログ